×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

足と手が不自由なのも辛い、耳も聞こえないのも不自由だと感じる五体満足とはよく言ったもので、 人間の身体は全部が正常に働いているからこそ快適に暮らせるようになるのです。

視力が良くないのも とてもやっかいですよね。眼鏡やコンタクトレンズなどで補えばいいだけの話ですが 思ったよりお金がかかったり手間がかかったりする場合だけじゃありません。
運動が好きだからメガネは嫌だ、けれど、コンタクトレンズはなぜか体質に合わない・・・ そのような人も大勢いるのではないでしょうか?

そのような方は、「話題のレーシック」は、どうでしょうか?
レーシックってどうなの?という人も多いことでしょう。簡単に言えば「視力を向上させるための手術」です。

日本人にしてみれば、「視力を回復させる手術・・・手術」と怖がってしまい逃げてしまうのですがアメリカで開発された 「レーシック治療」は、アメリカ人にとってはもはや一般的なことなのです。

日本では2000年にレーシック手術は認可され、徐々に手術希望者は増えてきているようです。 レーシックをひと言で言うと角膜をレーザーで削り、屈折率を変化させることで焦点を合わせます。 レーザーで角膜を削ると聞くと驚きますよね。

とは言え、手術は両眼でわずか30分程度で終わり、入院の必要はありません。 また、レーシック治療の前に詳細な説明があったりいくつかの検査があったり、レーシック手術後の検査があります。 手術前の説明をきちんと受け、自分なりに十分納得が行った上で、治療を受けることは大事だと思います。


PR:レーシック 失敗 | エルセーヌ | 関節痛 | ゾーンセラピー | 水族館の飼育員 | 神奈川クリニック眼科 コンチェルトスーパーイントラレーシック