×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーシックの後遺症は?。

レーシックの後遺症は?


レーシック治療は近視や乱視・遠視で昔から苦労してきた人にとってはうれしい情報ともいえる治療方法といえるのではないでしょうか。 レーシック治療を受けたことによって視力が回復し、長い間世話になったメガネやコンタクトとお別れができた方もいると思います。

レーシック治療において失敗して失明したりすることはまず無いと思っていいでしょう。 ですがまれに後遺症と呼ばれる症状があることが過去の症例による報告で発表されています。

レーシックをやることでおこる後遺症とはどのような状態なのでしょうか。 レーシック治療をやることで起こる後遺症はいくつかあります。
まずレーシックを行って数ヶ月程の間ある程度の明るさのある光が今まで感じるより明るく感じられることがあるそうです。

これを「ハロー現象」または「グレア現象」といいますが、 ほとんどの方はレーシック手術後数ヶ月が過ぎると問題のない状態に戻るということですが、 稀に後遺症として残るということが発表されています。

明るさに関係したことで挙げれば、色の明暗の差を感じることが難しくなる場合もあるそうです。 色彩関連のお仕事をされている方は、レーシックの治療は考慮した方がいいかもしれません。


レーシック 失敗しない基礎ガイドのトップページ