×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

再度レーシックの手術をやるの?。

再度レーシックの手術をやるの?


レーシック治療による角膜の屈折異常の矯正は、普通であれば一度施術を受ければ視力が良くなると言われています。 ですがまれに施術後もおもうような結果が得られず、再び手術がおこなう場合もあるようです。

レーシックで再手術となるのはどういった場合なのでしょうか。
再手術となるレーシックの場合は施術の仕方が悪かったということではなく、 レーシックの手術を受ける患者さんの視力の状況や角膜の状態によって起こるもののようです。

話題のレーシックがどのような治療かというと視力を良くするために角膜を削る治療方法になります。 「フラップ」と呼ばれる蓋を眼に作り、できたフタを開けてそこから角膜に向けてエキシマレーザーを照射して角膜を削ることで 角膜の屈折率を変化させ視力を良くさせるというのがレーシックなのです。

ですが強度の近視を持っている方や角膜が生まれつき薄い方がレーシックの治療を受けた場合には、 思うように視力が回復しない場合があるようです。

これは角膜を削りすぎてしまうのを避ける為に、 レーシックの治療では角膜をはじめから大きく削ることはせず薄めに削るということも関係していると思います。
そういった事もありほとんどのレーシックをおこなう病院では一定の間隔を定めてレーシックの再手術において 無料で受付けるシステムがあるということです。


レーシック 失敗しない基礎ガイドのトップページ